サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】
サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】


サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


→ 『サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】<』へ



サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】

サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】
・・・・・・・・・・・・
サヤ取りとは何でしょう?
サヤ取りとは、株式市場において市場平均値(日経平均等)より割高な銘柄を「売り」、市場平均値より割安な銘柄を「買い」として、これらを同時に仕掛け、また決済も同時に行う売買手法です。
常に売り、買いを組み合わせて(ペア)売買を行うものです。
たとえば、相場全体下落となった場合、一般的に割高として買われすぎた銘柄はその下落幅も大幅なものとなります。


もっと知りたくなったあ・な・た!続きを読む・・・



一方割安な銘柄は相場下落と共に下落とはなるものの、割高に買われすぎた銘柄よりは下落幅は小幅にとどまると思われます。サヤ取りとはこれらの差、つまり割高な銘柄の下落幅と割安な銘柄の下落幅の差(サヤ)を利用し収益をはかる手法です。
反対に相場が上昇となった場合、すでに割高となった銘柄は、その上げ幅も小幅にとどまると思われます。一方割安な銘柄は、割高となった銘柄よりは大幅な上げ幅となることが一般的であると思われます。
サヤ取りは、これらの差(サヤ)を利用して、相場が上昇期、下降期にかかわらず安定した収益を上げることができます。

株式投資において、一番難しいとされている今後の相場の見通しを考えることなく株式投資ができるという大きなメリットがあります。
このように今後の相場の見通しを考える必要がないため、売買の時期を選ぶ必要がなく、いつでも売買が可能となり年間を通して安定的な収益をもたらしてくれます。


もっと知りたくなったあ・な・た!続きを読む・・・

サヤ取りは、株式投資に保険(ヘッジ)という概念を取り入れた売買手法です。
株式投資は非常にリスクの高いビジネスではありますが、これらのリスクをできるだけ最小限に抑えるために、売り銘柄と買い銘柄を同時に仕掛け、相場の展開に左右されることなく、一方の損は他方の利益でヘッジするといったきわめて安全性の高い売買手法です。

サヤ取りにおいて組み合わせ銘柄を選択する場合、一般的に売り銘柄は業績は悪く、株価の位置は高い銘柄。買い銘柄は業績が良く株価の位置は安いということが条件となります。
しかし株式市場は効率的な市場と言われ、そのような都合の良い銘柄は無いように思われますが、時には買われすぎ売られすぎの銘柄が発生するのも現実です。

仕手的に買われ一時的に割高となった銘柄もあれば、業績良好にもかかわらず安い位置に放置されている銘柄があるのも事実です。
このような一時的な市場の「ゆがみ」を利用し、これらの銘柄を効率よく組み合わせ、売買することによってより安全性の高い安定した収益をはかることが可能となります。
これが「サヤ取り」のメカニズムです。

以上を踏まえてサヤ取りで稼ぐには・・・・・・


もっと知りたくなったあ・な・た!続きを読む・・・

       

→ 『サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】<』へ



そろそろ目を覚ましてください

 投資系「情報商材」の殆どが「片張り」でのテクニックを紹介しています。

        何故かと言いますと相場データーの「シミュレーション」だけによる

        単なる「こじつけ」が大半だからです。

        実際に投資はせず、「情報商材」で儲けるために書かれたフィクションなんですね。

        そんなもので実際に運用を開始したら大変なことになりますよ。

        私は彼らを「幻想作家」と呼んでいます。

        「インフォプレナー」と呼べば聞こえはいいですが、

        インチキ商材を販売している限り何時かは淘汰され、

        ネット社会から消えて行く存在です。

        よく考えてみて下さい。

        「片張り」で数十万・数百万の資金を2年程度で「1億円」にできますか?

        最大ドローダウンや、年間平均3カ月の相場膠着などを考慮すれば実現不可能ですね。

        「片張り」というのは丁半博打と同じです。

        そんなギャンブル手法に大金を投入すること自体、異常であって現実的ではありません。

        あなたがもし、運良く100万円を1千万円に増やして、

        それを全額「片張り」で運用できますか?

        予測が外れたら、レバレッジに比例して数百万円の「追証」が容赦なく請求されますよ。

        もう、「幻想作家」の戯言に振り回されるのは今日で終わりにして下さい。



        山種証券の創始者である「山崎種二氏」が、

        億万長者になるため活用した運用手法はスプレッド取引です。

        要するに「サヤ取り」ですね。

        英国の財閥として有名な「ロスチャイルド」も、このスプレッド取引で巨万の富を築きました。

        運用のプロである「ヘッジファンド」や証券会社の「ディーラー」も、

        殆どがスプレッド取引を行っています。

        しかし、何故だか個人投資家だけが「片張り」をしたがるんですね。

        正確には「したい」のでは無く、それしか「知らない」と言う方が正しいのでしょうか?

        サヤ取りでの「システム売買」は、

        相場を知り尽くした本物の「プロ」しか開発できません。

        ですから「幻想作家」さんには、少々ハードルが高過ぎて真似できないわけですね。

        流通している運用手法の殆どが「片張り」という状況ですから、

        個人投資家に「勝ち組」が数パーセントしかいないという現状も理解できます。


        何故、このスプレッド取引が流通しないかと言いますと理由は二つあります。

        この運用手法で成功している方々は、相場に影響が出て自分たちの利益が

        失われるのではないかと恐れ、自ら積極的に公開しないことが一つ。

        もう一つは、誰も聞かないと言うか聞けないからです。

        ロスチャイルド家に直接、運用手法を聞けますか?

        ヨーロッパの上流階級にコネクションがなければ、アポすら取れませんよ。

        雑誌・TVの取材も同様です。

        ヘッジファンドのソロス氏に運用手法を教えてくれと

        メールや手紙で嘆願しても秘書に一蹴されて終わりです。

        証券会社のディーラーに教えてもらうにしても、

        忙しくてレクチャーなんかしてくれません。

        誰もが知りたいことを誰も教えてくれない。

        そして、巷にはインチキ商材しか売られていない。

        個人投資家団体を主宰する立場としては、もう黙って見ていられませんね。

        誰も聞けない、誰も教えてくれないこの現状を何とか打破しなければ・・

        その思いが、今回の「在宅セミナー」として具現化されました。

        「幻想作家」による一般のクソ商材と区別する為に、

        あえて、「在宅セミナー」という表現を用いました。

        勿論、初心者でも容易に理解できるよう、

        デリバティブの数式や難しい専門用語は一切排除しています。

        中身はPDFでノウハウのみビッシリと30ページ以上のボリューム。

        どこかのクソ商材のように行間を開けてページ数を稼いだ

        スカスカとはわけが違います。

続きを読む >>

→ 『サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】<』へ



単純なシステム売買だけによる運用手法でトレードをしてませんか?

もし、既存のテクニカルを用いた「システム売買」で、

        ヘッジも無い「片建て」だけのトレードをされていたら今、直ぐに運用を中止されて下さい。

        通常のテクニカルでパラメーターを弄くり回しただけのシステムでは何の役にも立ちません。

        バックテストで構築されたシステムでは長期的に必ず破綻します。

        バックテストというのは、5年や10年間の分足、若しくは日足の四本値を使い

        テクニカルのパラメーターを調整しながら

        最適な設定値を探るわけですが、完全自動売買ロボットの開発経験からして

        設定値が「0.1」違うだけで5年間の損益が数百万円も違ってくるわけです。

        最大ドローダウンも設定値の変更でいくらでも調整できてしまいます。

        つまり、先程お話した「情報商材」の「こじつけ」と同じことをやっているわけです。

        バックテストとは、科学的根拠で化粧した

        単なるシミュレーションに過ぎません。

        直近でそれが再現される保証は全くありませんし、

        確率論からして実現される利益はバックテストの50%と考えるべきでしょう。

        何故なら、225種銘柄は定期的に入れ替わっています。

        それを計算に入れていないことと、

        相場の転換期に関係なく「一つだけのシステム」で

        パラメーターが調整されています。

        相場の周期は5年や10年単位ですが、そのスパンで設定されたシステムは

        その期間では有効であっても、次の相場周期では全く通用しないかも知れません。

        よって、10年間のバックテストで構築されたシステムが何故、

        これからも通用すると言えるのでしょうか?

        そのシステムで運用を開始した翌日に、相場が転換しているかも知れません。

        相場が転換していないと断言できる根拠は何でしょうか?

        そんなことが分れば、初めからシステムなど不要のはずです。

        私たちは今まで、バックテストという

        数字のマジックに踊らされていたわけです。

        バックテスト通りの成績が80%でも間違いなく再現されれば、

        誰でも億万長者になれるはずです。


        又、最近FXのソフトを使った情報商材が多く出回っていますが

        片張りである以上、子供騙しに過ぎません。

        225先物の完全自動売買ロボットを開発・レンタル販売した経験からして、

        既存のテクニカルによる「システム売買」が組み込まれている限り、

        クソの役にも立ちません。

        購入されても1カ月足らずで「ゴミ箱」行きですよ。

        とにかく「システム売買」とかバックテストによる「過去成績」云々とか、

        そんなことに囚われている限り、「勝ち組」には絶対に入れませんね。

        どうしても目が覚めなければ、

        ASPでランクインしている全ての投資系情報商材を購入されて下さい。

        その時、私の主張が初めて正しいことに気づかれるはずです。

        あなたが投資家として興味を持ち、これからやろうとしていることは

        全て私は経験済みです。


もっと知りたい人はここから・・・・・・
続きを読む >>

→ 『サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】<』へ



サヤ取りで稼ぎたい

 サヤ取りで稼ぎたい!!

→ 『サヤ取り【サヤ取りで稼ぐ】<』へ




無料ブログとアフィリエイトでで時給2万5千円稼ぐ!